身元保証
一般社団法人高齢者の住まいと暮らしの支援センター

03-6805-6266 / メールでのお問い合わせはこちら

身元保証

家族のような立場で暮らしを支援します

近年単身高齢世帯も増加し、高齢者の方々が老人ホームや高齢者施設に 入居する場合、身元保証人がいなくて困っているという話が多くなっています。 身元保証のサービスは存在しているものの、その多くが非常に 分かりにくい内容となっておりご検討を躊躇される方も多くいらっしゃいます。 高齢者の住まいと暮らしの支援センターは、弁護士を中心とした司法書士、税理士、 行政書士などの士業の専門家やアマネージャー、介護福祉士、認知症ケア 専門士など高齢者の生活に関わる有資格者と連携し、老人ホームへの入居をご検討されている方にとって安心で、分かりやすい内容でのサービスをご提供します。

bnr_surety_service

bnr_surety_list

身元保証サービス内容

bnr_surety_list

身元保証 高齢者入居サポートサービス

bnr_surety_list

bnr_surety_list

bnr_surety_list


※別途、預託金として月額利用料の3か月分が必要となります。

※サービスにより、別途、月額費用が必要となります。

※料金は変更となる可能性があります。

家族代わりサポート内容(有料)

  • 役所、銀行の手続き
  • 通院の送迎、つきそい
  • 入院中の生活支援 医師との協議 薬の受領
  • 専門的な各種手続き代行
  • 介護保険など認定調査立会い
  • その他生活支援
  • 1ヶ月に1度はサポート訪問 無料

※交通費等の実費は別途必要です。

※家族代わりサポート費用は別途発生します。

※交通費などの実費は別途必要です。

※緊急かけつけは24時間対応(4時間程度)しますが費用は別途発生します。

 

家族代わりサポート割増費用

bnr_surety_list

■家族代わりサポートは2時間からのご利用となります。

■平日6時〜9時と18時〜22時、及び土日祝日は、通常料金の25%割増になります。

■平日22時〜6時、及び年末年始・ゴールデンウィーク・お盆は、通常料金の50%割増になります。

■世田谷の当センターから施設までの交通費が別途かかります。

■延長は1時間単位となります

■ご予約2日前までは上記料金となり、前日当日は+5,000円です。尚、日程を変更して頂く事もあります。

■当日、または緊急でご利用の場合は事前予約料金に+10,000がかかります。

■サービスに伴う外出時などの交通費又は入場料、利用料などが必要な場合はスタッフ分をご負担頂きます。

■ご利用エリアは全域同料金となります。

■割増料金時間帯の緊急かけつけについては別途タクシー代がかかります。

 (医療同意や医療契約等がある為タクシーで駆けつけます)

■お得なお話10時間パック⇒お話し君(10時間分(お話1時間が5回分)30,000円もあります。(電話利用可)

    お話20時間パック⇒お話し君(20時間分(お話1時間が10回分))60,000円

 

◎家族代わりサポートについては御希望のお手伝い内容を事前にお打ち合わせの上サポート開始します。

※以下のようなサービスはお断りをする場合もあります。

1.スタッフ1名による1泊旅行(必ず2名以上のオーダーとなります)

2.スタッフが運転する車での外出(必ず運転手にもう一名オーダーをして頂くかタクシー利用となります)

3.営利を目的とするお手伝い

人生後半の出会いに

 ご家族がおられる方は、そのご家族の事でのご苦労があったりもしますが、お一人の方の人生はお一人なりの試練と共にご自身だけでご苦労を乗り越えられてきたかも知れません。

 今までどんなに頑張ってこられた方も、人生の後半においては、なんらかのサポートを頼まなくてはならない事情がでてきます。

 このサポート役が、自分の好みや気持ちなどを十分に理解してくれて、気軽に話しをしやすい人であれば、いつでも相談をする事ができて心強いものです。

 私どもがご提案する「身元の保証をしてくれるサポート役」との出会いは、人生の上でも婚姻関係に値するほどの大きな出会いなのではないでしょうか。

 この広い世の中で、このような身元保証という出会いのご縁を、私どもは単に法人身元保証という捉え方ではなく、一つのご縁として受け止め、誠実にサポートをさせて頂くことをお約束します。

 特別な事ではありませんが、まずは常に正直に、そして本当の家族のような自然な関係でお付き合いをさせて頂きたいと考えています。ご身内であっても信頼関係を築き上げることが困難な事さえありますので、厚い信頼関係を築き上げていけるように努めて参ります。

 

そして、誰にでも旅立ちがあります。

当たり前のことですが、将来的に旅立たれた後、私共とご縁があった方達の事は、生涯忘れないでいきたいと思っています。

それは、家族代わりの身元保証人としてではなく家族と同じ思いとしてです。

人生の後半にご縁を持つ身元保証人という人へはそれを希望するのではないかと考えたからです。

~不安に思われることもおありになるかもしれませんが

『身元保証人』としてご縁を持てることを楽しみにしております。~

 

 

一般社団法人高齢者の住まいと暮らしの支援センター

お問い合わせはこちらから