相続解決
一般社団法人高齢者の住まいと暮らしの支援センター

03-6805-6266 / メールでのお問い合わせはこちら

相続解決

介護していた親が亡くなり、葬儀も済んで一息ついたら、次は相続問題が…

介護が終わると…

介護の次は相続問題

長年介護していた親が亡くなり、どんな財産がどのくらいあるのか分からない方が多く見受けられます。
相続の問題は、ご家族が亡くなられた後すぐに始まります。
遺産分割のこと、不動産や預金名義の変更など、相続の手続きは予想以上に大変です。
まずは財産の把握から始めます。
高齢者の業界で経験豊富な当センターへお気軽にお問い合わせ下さい。

遺言書

相続問題の分け方で、兄弟姉妹でもめそうです。
今のうちに何か対策はありませんか?
話し合いがつかずにもめてしまうことのないように、
生前から家族で財産の分け方について話し合いをしておきましょう。
そして、財産の分け方が決まったらそれを口約束にとどめず、
遺言書を残し、法的に有効な形にしておきましょう。

相続税

どうやら相続税がかかりそうです。
何か良い節税対策はありませんか?
相続税の節税対策はするとしないとでは大違い。

節税対策には、生前贈与や生命保険の活用、不動産の活用など様々な方法があります。

まずは、財産の把握から始め、どんな節税対策が最適なのかを検討してから、適した節税対策を行いましょう。

老人ホームに入居(小規模宅地等の特例)

老人ホームに入居しても小規模宅地特例は適用になりますか?
適用されます。

老人ホームに入居されても、

①被相続人が介護の必要であること、また

②その家屋が貸付等の用途に使われていないこと

の二つの要件を満たしていれば、宅地の評価額が最大80%減額になる特例が適応されます。

相続対策は不動産対策とよく例えられますが、小規模宅地特例は不動産を使った相続対策で最も有効なものです。

 

solution_img03

生前贈与

生前贈与は相続対策に有効だと聞きましたが本当ですか?
相続税の節税対策とは、一言でいうと相続財産を減らすことです。

生前贈与は、相続を待たずに配偶者や子や孫に財産を移すことで相続財産を減らすことができます。

相続税対策として贈与税の110万円の非課税枠贈与が軽減される制度を利用する方法があります。

この制度には、「相続時精算課税制度」や「住宅取得資金贈与の特例」、「夫婦間の住宅贈与」などがあります。

基礎控除の引き下げ

相続税がかかる人が増えるって聞いたけど、うちは大丈夫かしら?
平成27年より相続税の基礎控除額(相続税の課税ライン)が4割引き下げになります。

この改正により、相続税のかかる人は倍増すると言われています。

 

solution_img04

 

solution_img05

自宅を売却して老人ホームに入居した場合の税金はどうなりますか?
自宅を売却した時の税金は、利益が出た場合と損失が出た場合で使える規定が変わってきます。

利益が出た場合は

①3000万円の特別控除

②10年超所有軽減税率

③特定居住用財産の買替え特例を受けることが出来ます。
損失が出た場合も一定の要件を満たせば、いくつかの控除を受けることができます。

無料相談の流れ

solution_img06

  • まずは電話やメールでご連絡下さい。
    お客様のお悩みや現在のご状況をヒアリングさせていただきます。また、お困りのことがあれば、遠慮なくスタッフにご相談下さい。
  • 無料相談後に事前調査を(専門家と相談しながら)お客様に代わって行います。
    スケジュールや費用のお見積りもご案内させていただきます。
  • ご相談内容に合った専門家をご紹介いたします。
    (税理士・司法書士・弁護士)
  • ご同意いただければ、ご契約となります。
  • 相続に関する必要な手続きを開始します。
    また、納税方法についてのアドバイスもさせていただきます。
  • 相続税の申告は相続発生日から10ヶ月以内に行います。

solution_img08

お問い合わせはこちらから